compass-log

【compass-log】第3351号〜素材の目利きと調理するウデ〜


情報とは生鮮食品と同じで鮮度がイノチ。

三日前の新聞なんて誰も買わない。

新しい情報だからこそ価値があり、三日遅れの古新聞では価値がないのである。

ビジネスも金融も、人生も情報勝負。情報の質とスピードこそ勝負の分かれ目である。

しかし情報はあくまでも「素材」である。

それ単体では意味をなすものではなく、

得た「情報」に対応して考えたり、行動したり、複合的に組み合わせて「調理加工」することが必要である。

鮮度や質のよい情報を受け取っても、それに気付いて、うまく調理加工技術が伴っていなければ、その情報を美味しく食すことはできない。

また、調理加工技術があっても、鮮度や質のよい情報でなければ、そこそこの料理にしかならない。

情報とは、見る人によってはものすごい金山にも見えれば、ただの山にしか見えないこともある。

豚に真珠、猫に小判。

よい情報をよい情報と気づいて受け取れるか否か、そして調理加工できるか否か。

鮮度のよい情報をゲットする目利きと、

その素材を美味しく調理加工するウデが必要ですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*