compass-log

【compass-log】第3330号〜「1+1=2」という本質や原理原則や核〜


「1+1=2」って全ての元ですよね。

数学や物理などは、すべて「1+1=2」の派生でできているもの。

鬼滅で言うと「日の呼吸」笑

最近、あらためて「1+1=2」というものの深さや重要さが身に染みる。

「1+1=2」は、本質や原理原則、核である。

「1+1=2」がわからずして、引き算も掛け算も割り算も、微分積分も、統計もできはしない。

世の中には、「1+1=2」のように、本質や原理原則、核となるものがある。

何も数学や物理に限らず、ビジネスや人間関係、コミュニケーション、経済、社会など、あらゆるものにおいて、この世には本質や原理原則、核がある。

本質や原理原則、核を疎かにして、表層だけすくっても、うまくいくものではない。

本質や原理原則、核は「1+1=2」のように極めてプリミティブでシンプルなのである。

大切な上にプリミティブでシンプルであるがために、「聴いたことがある」「知っている」ような話が多い。

シンプルで多くの人や場で使われるくらい大切なのだから、聴いたことはあったり、知っていたりするかもしれないけれども、

それらが自然とできるようになるためには、繰り返し何度も反復して躾けて、水滴が岩をも穿つように復習すること。

知っているとできるは違う。

100知っているよりも1できる方がよいのである。

私(桑原)は、テクニックや流行りのものよりも、本質や原理原則、核を学ぶ方が好きだし、今書いているコレも、本質や原理原則、核に向かって進んでいる。

そこにこそ、抽象度や波及効果が高く、永くこの世が築いてきた大切なことがあると思って探索している。

本質探索隊、原理原則探索隊。

「1+1=2」をしっかり学び、本質や原理原則、核を探索追求し、何よりも実践できるようにしていくことが大切ですね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*