compass-log

【compass-log】第3327号〜水の中に飛び込んでこそ泳げるようになる〜


NISAにiDeCo、ふるさと納税など、国がつくってくださった節税の方法は色々ありますね。

存分に活用して恩恵を受けている人もいれば、案外何もしていないという人も多いらしい。

たまたま、そのあたりの利用者について調べてみると、活用している人は毎年しているし、していない人は「よくわからない」とのことだった。

まずは知ろうとする努力が大切。

知らなければ、もちろん何もできない。

そして、知ったのならば、次は理解するように努めることが大切。

知ったけれども、理解できずに使えなければ意味がない。

また、理解できても使えなければ、それも意味がない。

「知る」「わかる」「できる」には、モノによって、ヒトによって大きな谷間があるものもある。

知っていても、できなければ何にもならない。

NISAにiDeCo、ふるさと納税などに限らず、あらゆる知識やスキルが同じこと。

知った上で学んである程度理解したならば、一度少しでも飛び込んでみること。

「畳の上の水練」ってやつですね。

畳の上ので水泳の練習しても泳げるようにはなりません。水に飛び込んでこそ泳げるようになるもの。

いつまでもビビっていないで、ある程度の準備ができたら飛び込んでみるものですね。

NISAにiDeCo、ふるさと納税はお陰様でそれなりに利用していますが、他のことで自分に言い聞かせてます。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*