compass-log

【compass-log】第3316号〜人は幸せになるために生まれてきた〜


30代も折り返しとなり歳を重ねているからなのか、ここ数年「幸せ」というものを実感してやまない。

当たり前の日常というものがこんなにも「幸せ」なのだ。

生きていればもちろん日々難題なこともあるし、そりゃ、悩みも課題もトラブルもある。

だって、にんげんだもの。

でも、何気ない幸せは、必ず誰もの日常にたくさんある。その何気ない幸せに、いくつもたくさん気づけるようになってきたのかもしれない。

毎日毎日、幸せだ。

その「幸せ」は脆そうでもあり、儚そうでもある。

薄い氷のように、何か起きれば壊れてしまいそうな気がしないでもない。

だからこそ、この何気ない日常の幸せを守らなければならない。

「幸せ」はモノやカタチではなく、一人ひとりの心のあり方。

「幸せ」を実感するのはよいけれども、「幸せ」に浸かりすぎてはいけない。

「幸せ」に浸かりすぎると自らを変えなくなってしまい、停滞してしまっては、いずれ未来の「幸せ」が壊れてしまう。

「幸せ」を実感できる心のあり方はとてもよいこと。

それを持続し守り発展できるように、日々の「幸せ」に浸かりすぎずに、「幸せ」という薄い氷を厚くしていくことをやめてはいけない。

人は幸せになるために生まれてきた。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*