compass-log

2020年 7月 の投稿一覧

【compass-log】第3330号〜「1+1=2」という本質や原理原則や核〜


「1+1=2」って全ての元ですよね。

数学や物理などは、すべて「1+1=2」の派生でできているもの。

鬼滅で言うと「日の呼吸」笑

最近、あらためて「1+1=2」というものの深さや重要さが身に染みる。

「1+1=2」は、本質や原理原則、核である。

「1+1=2」がわからずして、引き算も掛け算も割り算も、微分積分も、統計もできはしない。

世の中には、「1+1=2」のように、本質や原理原則、核となるものがある。

何も数学や物理に限らず、ビジネスや人間関係、コミュニケーション、経済、社会など、あらゆるものにおいて、この世には本質や原理原則、核がある。

本質や原理原則、核を疎かにして、表層だけすくっても、うまくいくものではない。

本質や原理原則、核は「1+1=2」のように極めてプリミティブでシンプルなのである。

大切な上にプリミティブでシンプルであるがために、「聴いたことがある」「知っている」ような話が多い。

シンプルで多くの人や場で使われるくらい大切なのだから、聴いたことはあったり、知っていたりするかもしれないけれども、

それらが自然とできるようになるためには、繰り返し何度も反復して躾けて、水滴が岩をも穿つように復習すること。

知っているとできるは違う。

100知っているよりも1できる方がよいのである。

私(桑原)は、テクニックや流行りのものよりも、本質や原理原則、核を学ぶ方が好きだし、今書いているコレも、本質や原理原則、核に向かって進んでいる。

そこにこそ、抽象度や波及効果が高く、永くこの世が築いてきた大切なことがあると思って探索している。

本質探索隊、原理原則探索隊。

「1+1=2」をしっかり学び、本質や原理原則、核を探索追求し、何よりも実践できるようにしていくことが大切ですね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3329号〜人生に大切な「良き師」との出逢い〜


東洋哲学者の安岡正篤さんの言葉にこのようなものがあります。

「人間はできるだけ早くから、良き師、良き友を持ち、良き書を読み、

ひそかに自ら省み、自ら修めることである。人生は心がけと努力次第である」

私は早くから、良き師、良き友、良き書に出逢ったと思っています。

社会人になってすぐの20代前半に、良き師、良き友、良き書に出逢えたことは、人生において本当に幸運だったと思います。

特に「良き師」のお二方。

社会人になってすぐに、こんな大人に、こんな人になりたいという目標となる方に出逢いました。

出逢いと言っても、当時はお二方とも直接会ったことはなく、本やメディアやネット上でしか接していない、私にとっては、この世に実存されているのか疑うくらい、神のようなお二方でした。

しかし、偶然も度々重なり、お二方とも直接お逢いし、直接ご指導戴き、そして食事までご一緒させて戴きました。

これは、本当に「まさか」でしたね。

「ツイてる」としか言いようがない。

そんなお二方からご指導戴いているのだから、成果が出ないはずがない、成果を出せないはずがない、と常々言い聞かせています。

そうでなければ、お二方に失礼極まりない。

こんな奴を育てた覚えはない、

こんな教えをした覚えはない、

などと言われないように、今でも追いかけても追いつけない背中をまっすぐ見つめて追いかけているところ。

その2つの背中があったからこそ、今まで人の道を外れずにやってこれたし、これからは益々進んでいきたい。

「良き師」の存在はとても大きい。

若いヒトには是非、人生のできるだけ早くから「良き師」や「良き友」「良き書」を見つけて欲しいですね。

スティーブ・ジョブズやエリック・シュミット、ラリー・ペイジ、ジェフ・ベゾスなどの共通の師の書を読み、「良き師」について改めて思ったところ。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3328号〜幸せに豊かになる方法〜


ニンゲン誰しも、

「幸せになりたい」

と思うもの。

幸せや豊かさとは、何も物理的なものではなく、カネがあれば幸せなのかというとそうでもない。

大切なのは「幸せ」や「豊か」と思うココロ。

私は常に、

「ココロの重心は低く」

「幸せのハードルは低く」

と思って生きています。

ココロの重心を低くして、あまり振り回されないように努めています。

ちょっとイラッとさせられそうでも、アンガーマネジメントで言われる6秒を使って重心を下げていく。

また、幸せのハードルを低くすることで、世の中のたくさんの幸せを得ることができる。

天気がよい、よく眠れた、料理がおいしい、花が綺麗、今日も生きている。

そんなことに都度都度、幸せを感じるのです。

幸せのハードルは低い方がたくさんの幸せを得ることができるもの。

幸せも豊かさもすべてはココロが決めるもの。

幸せなココロ、豊かなココロをもちましょう。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3327号〜水の中に飛び込んでこそ泳げるようになる〜


NISAにiDeCo、ふるさと納税など、国がつくってくださった節税の方法は色々ありますね。

存分に活用して恩恵を受けている人もいれば、案外何もしていないという人も多いらしい。

たまたま、そのあたりの利用者について調べてみると、活用している人は毎年しているし、していない人は「よくわからない」とのことだった。

まずは知ろうとする努力が大切。

知らなければ、もちろん何もできない。

そして、知ったのならば、次は理解するように努めることが大切。

知ったけれども、理解できずに使えなければ意味がない。

また、理解できても使えなければ、それも意味がない。

「知る」「わかる」「できる」には、モノによって、ヒトによって大きな谷間があるものもある。

知っていても、できなければ何にもならない。

NISAにiDeCo、ふるさと納税などに限らず、あらゆる知識やスキルが同じこと。

知った上で学んである程度理解したならば、一度少しでも飛び込んでみること。

「畳の上の水練」ってやつですね。

畳の上ので水泳の練習しても泳げるようにはなりません。水に飛び込んでこそ泳げるようになるもの。

いつまでもビビっていないで、ある程度の準備ができたら飛び込んでみるものですね。

NISAにiDeCo、ふるさと納税はお陰様でそれなりに利用していますが、他のことで自分に言い聞かせてます。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3326号〜伝染する仕事の姿勢〜


「半沢直樹」第2話もとてもおもしろかったですね。

大和田が最後に視聴者の声を代弁してくれたように「おもしろくなってきた」ですね笑

半沢の「全身全霊」という言葉や姿勢にはほれぼれします。

やはり仕事は「全身全霊」込めてやるものですね。

「仕事はそこそこ。給料もらえて、しっかり休めればいいや」なんて中途半端にやっている人にはわからないでしょう。

実にもったいない。

仕事に全身全霊かけられなければ、人生にも全身全霊かけられないですしね。

全身全霊で取り組むからこその境地ってある。

そういう仕事の仕方をする人は半沢同様に魅力的であるし、上司であっても同僚であっても部下であっても一緒に仕事をしたいものですね。

個人の仕事の姿勢は、よくも悪くも多くの人に伝わるもの。

どんな気持ちで仕事をしているか、

どんな想いで仕事をしているかは、

自分でもわかるように、周りから見てもよくわかるもの。

全身全霊で真剣にやっている人はそれが伝わるし、中途半端にやっている人もそれが伝わる。

そして、それはその環境に伝染していくもの。

ならば、やはり多くの人が全身全霊で真剣に仕事をして伝染していくべきかと思う。

「今の時代にそんなの」なんて言われるかもしれないけれども、

私の周りにはそんな人達しかいない。

森山(賀来賢人)も若いのに全身全霊ですし、年齢や世代なんて関係ないですね。

どんな時代にも全身全霊で仕事をする人はいる。

泥臭くても理不尽であっても、全身全霊で信念を貫く仕事の姿勢。

仕事でも人生でも、そんな姿勢を常にもっていたいですね。

日曜21時が楽しみです。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。