compass-log

2020年 6月 の投稿一覧

【compass-log】第3299号〜人生を振り返ってみる〜


最近、偶然なのか必然なのか、

自分の生い立ちや、まだまだ短いながらも生きてきた人生の振り返りを行なう機会がこの頃あります。

あることがきっかけで、壮大なプロフィールをつくろうと思っているところに、たまたまインタビューを受ける機会もあり一石二鳥。

昨日、そのインタビューを受けたのですが、気づけば4時間!しゃべり通していました。

お酒のチカラが作用したこともあり、ペース配分を誤り、4時間しゃべった割には、人生の途中をだいぶ端折ってしまい、全然しゃべり足りなかったです笑

4時間しゃべって端折って、おそらくまだ2~3割程度だったかと。

もちろん時間内にしゃべらなければならない場面であれば、時間内でしゃべりますが、

でも、よくよく考えると30数年の人生を数分、数時間ですべて語れるわけがない。

だって、思考停止しながら生きてきたわけではないし、色々な事件があるたびに、そのときそのときに色々考え、人生を進めてきたので。

特にコレを書き出してからはより一日一日が濃くなったし。

紆余曲折、波乱万丈、落ちたり上がったり、外れたり戻ったり、暗闇だったり光だったり。

どんな局面においてもリカバリーするチカラだけはあるよう。

話してみて改めてわかったこともあるし、きっとプロフィールつくりながら、就職活動の自己分析のように色々と考えるのでしょう。

よい機会なので、自分の人生を振り返り、これからも生き方にドライブをかけていこうと思います。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3298号〜王貞治やイチローの打撃フォームは一本足でよくとも、我々凡人は一本よりも二本、二本よりも三本へ〜


これからは個人でも稼ぐチカラが求められますね。

今回のコロナによって、

個人が組織に属していることへのリスクと、

組織が個人を雇っていることへのリスクと、

その両方があらわになったと思っています。

個人が組織に属していて、定年まで安泰なんて時代はとうの昔に終わり、今の時代には、そんな考え方はもはや存在すらしないもの。

組織に属してしがみついていても、その組織は明日にないかもしれない。

今回のコロナで企業もマルチチャネル化に気づいたように、個人の収入もマルチチャネル化していく必要がある。

王貞治やイチローの打撃フォームは一本足でよくとも、

我々凡人の収入は一本よりも二本、二本よりも三本あった方がよい。

企業の収益源も一本よりも二本、二本よりも三本あった方がよい。

また、逆に組織が個人を雇用することのリスクも考えられる。

双方ともに「所属」も「雇用」もリスクだという利害関係が一致する。

できる人は組織にしがみつかずに、個人として2倍も3倍も飛躍していくし、組織もそういう人と提携していく。

そんな関係が益々加速していくと思う。

組織に属さず依存しない個人。

一本足よりも、二本、三本足の個人。

この流れは止まらない。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3297号〜モノより学び〜


モノは使えば消えるし劣化する。

火事になれば燃えてしまうし、場合によってはヒトに盗まれることもある。

クルマもあまり興味がなく、燃費よく乗れれば何でもよい。

もちろん、価値観や趣味嗜好なので、クルマ好きの人を否定しているわけではないです。

ただ、あくまでも「私(桑原)」にとっては、クルマはもっているだけで税金もかかるし、維持費もかかるし、スペックとか興味関心が全くわかない。オイル交換とかタイヤ交換とか全然できませんし、できることなら持ちたくない。

やっぱりモノにはあまり興味関心がわかず、「必要最小限でよい」と常々思っているのです。

どうせカタチあるものはいつか壊れるものだし。

けれども、「学び」や「知識」はアタマが壊れない限り一生ものですね。

知識をもっていても、燃えないし、盗まれないし、税金も所有スペースもかからない。

自分が所有する「モノ」は、基本的に自分のためにあるけれども、

「学び」や「知識」は、自分のために使用するだけでなく、縁するたくさんの人のために使用することもできる。

だから、もっともっと学びたいし、その学びをたくさんの場で活かしていきたいですね。

クルマもカネがかかりますが、

「学び」もカネがかかるもの。

けれども、「学び」はそのあといくらでも回収できますし、質のよい「学び」ならば、かかったカネはすぐにでも何倍にもなって返ってくる。

いつまでもしっかり学んで、たくさん活かしていきたいですね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3296号〜日々書き日々向き合い、日々水滴を岩に刻む〜


昨日、新たにわかったことなのか、改めてわかったことなのか、ひとつ。

ヒトは、書いたり話したりすることで、自分の価値観や理念、哲学、あり方、生き方が鮮明になっていくものである。

「書いたり話したり」という言語化のアウトプットにより、非言語だった曖昧な価値観や哲学が、理論的に組まれカタチとなっていく。

「話すこと」でも、おぼろげだったものが明確になるもので、話す内容もそれなりにアタマで考え話すのだが、

案外「話すこと」は理論的でなくとも、なんとなく流れで話が進んでいく場合がある。ある意味、誤魔化しもきく笑

けれども、

「書くこと」においてはそうはいかない。

「話すこと」のように進み流れていくだけでなく、読み手にとっては読み戻ることもあるため、より一層理論的でなくてはならない。

だから、「話すこと」と「書くこと」は同じようなアウトプットであっても、次元が多少異なるものになる。

そう考えると、

3200日以上毎日それなりに考え書き綴ってきたことは、確かに私(桑原)の、価値観や理念、哲学、あり方、生き方を、徐々に明確につくってきてくれている。

一日一日の気づきや書いたことは、岩に水滴を垂らすようなことかもしれないけれども、その水滴は日々確実に岩に刻まれていく。

量も質はまだまだですが、初めに比べれば、徐々に量が質に転化しつつあるとも思う。

これからも、岩に水滴を垂らし、非言語のものを言語化して、自らの価値観や理念、哲学、あり方、生き方をつくっていこうと思う。

これは、話したり書いたりする人、話し続けたり書き続けたりする人にしかわからない。

たくさんの人に薦めたい。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3295号〜「気合」「根性」「長時間労働」よりも「仕組み」「構造」「システム」そして「習慣」〜


新しく始めたことの「仕組み」「構造」「システム」をつくっているところ。

始めてみて流れに乗るまでは、「気合」「根性」「長時間労働」も必要だけれども、

そろそろ「気合」「根性」「長時間労働」でいつまでもやり続けるわけにもいかないし、そもそもそんなに続けられない。

全体像がある程度見えたので、

「気合」「根性」「長時間労働」を

「仕組み」「構造」「システム」に置き換える。

「仕組み」「構造」「システム」に置き換えることも、それはそれで大変だけれども、

一度それらをつくってしまえば、

ある程度はその「仕組み」「構造」「システム」でしばらく回すことができ、

「気合」「根性」「長時間労働」に比べれば、負荷を軽減させながら生産性を上げられる。

そして、負荷を軽減させて生まれた時間で、また新たなことに取り組む。

仕事に限らず、生活の「習慣」も同じこと。

一度、「習慣」をつくってしまえば、後は負荷なく一定のことを連続させることができる。

そして、その「習慣」の連続こそが、偉大な成果を成し遂げる。

「気合」「根性」「長時間労働」も時には必要だけれども、

「仕組み」「構造」「システム」そして「習慣」へギアを変えることで、生産性もあがり、仕事も人生もよりよくなっていくもの。

よりよい「仕組み」「構造」「システム」そして「習慣」をつくっていきましょう。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。