compass-log

【compass-log】第3256号〜じゅんいちダビッドソンのように「伸び代ですね」と言って「解き直し」をやること〜


学生の頃、問題集などをやって答え合わせをした後に、間違った問題を解き直す「解き直し」ってのをよくやっていた。

というか「やらされていた」。

「一度解いたのに面倒だな」「罰かよ」と思っていたけれども、よくよく考えるととても大切なことでしたね。

正解した問題はできる問題。

間違った問題はできなかった問題。

正解した問題は実力の範囲内。

間違った問題は実力の外。

間違った問題にこそ意味があり、

間違った問題にこそ伸び代がある。

できたことを誇るのではなく、

できなかったことを見つめて改善することが大切。

これ、大人になっても同じこと。

やってみてできたことだけやるのではなく、

やってみてできなかったことや、やってみて間違った問題にこそ、意味がある。

そもそも挑戦しなければできなかったり、間違ったりすることもない。

当たり前だけれどもまずは挑戦すること。

そして、間違ったりできなかったりしたことこそ、悔やんだり落ち込んだりするのではなく、

じゅんいちダビッドソンのように、

「伸び代ですね」

と胸を張って言って、

解き直しをしたらよい。

きっといつか伸び代がうまりますね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*