compass-log

【compass-log】第3250号〜いったん崩して、よりよいものをまたつくる〜


毎日のルーティンって、慣れてくればそれなりに負荷がかからずに、自然とできるものですね。

歯磨きだって子供は嫌がるけれども、いつからか負荷なんてなく当たり前のようにやるようになっている。

運転だって最初はビビリながら運転していたけれども、今では何も考えずとも気づいたら目的地についている。

また、逆を言えば、気を使っていたことに慣れすぎて、気を使わなくなることも。それはよくもあり、悪くもあること。

そんな感じで、ニンゲン誰しも慣れれば楽になるけれども、楽になりすぎて甘えるところもあるのではないか。

ルーティンや習慣、慣れというものは、よい面もたくさんあるけれども、気づいたらそれらに頼りすぎて、成長していないことだってある。

ときに、自分なりによいと思って構築したルーティンや習慣、慣れを崩す必要がある。

そのときは、一時生産性は悪化するけれども、いったん崩してから、崩す前よりもさらに向上させる、なんてことも大切。

色々と考え直すタイミング。

常に変化を。変化を常態に。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*