compass-log

【compass-log】第3237号〜くらわないようにかわすこと、くらっても最小限に抑えて踏ん張り立ち上がること〜


今はコロナ・コロナと、コロナだけでも大変な時期。

どこもかしこも、誰もが対応せざるを得ない状況。

それだけでも大変なのに、もしここで大地震や大火災など起こったらどうなるか。

もしここで富士山が噴火したら、もしここで原発が事故を起こしたら、もしここで隣国や自国が戦争になったら。

色々考えるとキリはないけれども、「絶対ない」ということはない。

「泣きっ面に蜂」とも言う。

こんなときに、さらに追い討ちをかけるようなダメージを与えられる場合もある。

コロナ一発でダウンしているわけにはいかない。二発三発、四発五発だって考えられる。

どんな状況になっても、

かわすか、

くらってもダメージを最小限に抑えるか、

倒れかけてもふんばるか、

倒れてもすぐ立ち上がるか。

打たれ強さは日頃の訓練と準備による。

訓練と準備がなければ、火事場の馬鹿力に任せるしかない。

くらわないようにかわすこと、

くらっても最小限に抑えて踏ん張り立ち上がること。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*