compass-log

【compass-log】第3230号〜何が起こってもおかしくない世の中、パンデミックパラダイム〜


「米国産WTI原油の先物価格(5月物)が1バレル=マイナス37.63ドルと、史上初めてマイナス価格で取引を終えた」とのニュース。(朝日新聞デジタル)

原油価格がマイナス?

買い取る側が、売る側から原油と共にお金をもらう状態とのこと。

原油買う!って言ったらお金もついてくる。

グリコ買ったらおまけとお金もらえる感じ。

史上初とは言え、そんな状態になるんだ。。

「エネルギー需要の急減で原油供給が過剰になっており、原油を貯蔵するスペースが限界に達しつつある。(中略)貯蔵タンクやパイプラインが満杯に近づき、海上のタンカーを含めて原油を保管する料金が跳ね上がっていた。」とのこと。(朝日新聞デジタル)

もはや、何が起こってもおかしくない世の中。「まさか」だって起こる。

すごく悪い表現だと、日本でもすでに略奪だって起きているし、日本海に飛翔体が飛んでくるし、世界では戦争だって起こってもおかしくない。

シンギュラリティ前に人類が先に滅亡だってしかねない。

以前、核戦争やウイルステロ、毒ガスなどから身を守る核シェルターの必要性すら感じさせられていて、金額調べて驚愕したのを覚えている。

10万円給付金では足しにならない汗

何が起こってもおかしくない世の中。

想定外だって起こるだろうけれども、「想定外でした笑」って死ぬわけにはいかない。

あらゆる最悪のことを想定し、できる限りの最善を尽くすこと。

間違いなく世の中はパンデミックによって、パラダイムしている。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*