compass-log

2020年 3月 の投稿一覧

【compass-log】第3209号〜ビビリ過ぎよう〜


正常化バイアスによって、

「とは言っても自分は大丈夫」

なんて考えてしまうのがニンゲン心理。

それではいけない。「準備し過ぎ」「ビビリ過ぎ」くらいでも足りないかもしれない。

遺言を書く人もいる。

人から「準備しすぎ」と笑われてもよい、

人から「ビビリ過ぎ」と馬鹿にされてもよい。

準備に時間や労力をかけて、

もし何も起こらなかったとしたら、

その時間や労力が失われるだけ。

「ほらみろ何も起こらないじゃん」と笑われても馬鹿にされても、命を落とすことはない。

時間は命と同じくらい大切だけれども、

命だけは失ってはいけない。

今は、「油断」が自分の命だけでなく、人の命まで奪いかねない状況。

一人ひとりの意識、認識を変えなければならない、変わらなければならない。

ビビリ過ぎよう。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3208号〜「時産」で人生を変えていく〜


外出自粛で不意に時間ができた人も多くいると思います。

皆さん、何をしていますか?

勉強する人、人生を設計する人、本を読む人、YouTubeを見る人、Netflixを見る人、家族と遊ぶ人、ゲームをする人、寝る人など、さまざまかと。

「時間の使い方こそ人生を決める大きな要因である」と、たくさん学んできました。

まだまだすべての時間をうまく使えているわけではないけれども、昔よりに比べれば多少はコツを学び実践しています。

中でも、「時産」の考え方。

「時産」とは文字通り、時間を産み出すこと。

如何にして時間を産み出すか。

時間を産み出す仕組み、システムの構築。

最近では、技術の進化により、「時短」できるものはたくさん出てきた。

スマート家電やロボット掃除機。

昔だったら、川で洗濯板で洗濯をしていたことを考えると、全自動洗濯乾燥機なんて、まさに「時短」グッズ。

その「時短」によって産み出された時間をどう使うか。

また、どうやって「時産」していくか。

時間は不可逆的に減っていくものだけれども、その中でも「時産」していく考え方をもっていると、案外、産まれてくるもの。

今回、不意に「時産」できた方も、今後も自ら「時産」していく考え方をもっていると、人生変わっていきますね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3207号〜何をやらせても何もできなくても、たったひとつだけを鋭く鋭く磨く〜


昨日、「何をやらせてもうまくいく」ことを書いたけれども、今日は逆に、「何をやらせてもうまくいかない」ということを。

たったひとつのことだけでも人以上にできれば、他は何をやってもうまくいかなくてよい思っている。

あれもこれも、何をやらせてもうまくいく人もよいけれども、

あれもこれもできなくとも、これだけは誰よりもズバ抜けてできるという人もいる。

昔は前者になりたいと思っていたけれども、最近はなぜか後者に惹かれる。

中途半端に「できる」ではなく、誰よりもズバ抜けて「できる」ひとつの何か。

レーダーチャートで言うと、全部低いのにひとつだけ突出するような感じ。

ただ、そのひとつが、鋭く鋭く研ぎ澄まされている。

だからこそ、深く鋭く刺さる。

ランチェスター戦略の「グーパーチョキ」でも、まずはグーの一点突破。

たったひとつのことができれば万々歳。

あとは極限の極限までそれを磨くこと。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3206号〜何事もうまくやるために〜


世の中には、

何をやらせてもうまくいく人と、

何をやらせてもうまくいかない人がいる。

その違いは、

スキルや、情熱や、考え方や、想いや、センスや、運や、人脈や、習慣など様々なものによる。

何をやらせてもうまくいく人は、

うまくいく方向に無理やりでも持っていけることと、うまくいくまでやり続けることは共通してあるのかと。

「うまくいく」に至るまで、人目につかないところで、無理やりでもうまくいく方に持っていったり、やり続けたりして、「やるべきこと」をやっている。

「やるべきこと」をやらずして、「うまくいく」はずがない。

水鳥の水面の上と下のこと。

水面より上では優雅にしていても、

水面より下ではそれなりに足をかいている。

人から見えないところでしっかり「やるべきこと」をやること、諦めずにやり続けること。

それが、何でもうまくやるために必要な最低条件。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3205号〜「本能」でなく「理性」で、「利己」ではなく「利他」で〜


首都圏の一都四県で、外出自粛もしくは都内への外出自粛要請が出ました。

トレンドワードで「買い溜め」や「買い溜めストップ」などが話題です。

なくなると思うと欲しくなるのが、ニンゲン心理なんだとつくづく実感。

通常のときは、この心理に向けて、

「限定◯個」

「なくなり次第終了」

「期間限定」

「タイムサービス」

「残り◯個」

なんて表現で、購買の意思決定を促し、販売を促進しているのは、確かに理にかなっている。

ただ、今は、この「なくなってしまう」というニンゲンの心理というか、ニンゲンの「本能」に対して、一部で「買い占め」なんて起こってしまう。

こういうときは、動物らしい「本能」ではなく、ニンゲンらしく「理性」で対応したいもの。

「利己」でなく「利他」。

普段から備えていれば、「必要としている人にその機会を譲ろう」とゆとりある心をもてる。

人のためにも、平時に危機感をもって備えておいてよかった。

「本能」でなく「理性」で、「利己」ではなく「利他」で対応を。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。