compass-log

【compass-log】第3169号〜させるのではなく、したくなる仕掛け〜


ニンゲン、「あれやれ」「これやれ」「ああしろ」「こうしろ」と命令形で「させる」現象だけ言われても、なかなか行動できないもの。

ニンゲンが自ら進んで行動するためにはどうしたらよいか。

それは、心を動かすこと。

人から言われたからやるのではなく、心が動けば自ら進んで行動するようになる。

有名な「北風と太陽」もそれですね。

無理やり上着を脱がせるのではなく、相手が自ら上着を脱ぎたいと思って行動する「仕掛け」が大切。

「させる」のではなく、「したくなるようにする」こと。

例えば、

男性のトイレ(小の方)にたまにある丸い点。男性の方なら一度は見たことがあるでしょう。

あれ、思わず目掛けたくなりますよね笑

また、別の例ですと、

ある学校でシャツの裾を出さないように指導していたけれども、全然改善されないどころか、全校生徒がシャツを出していたそう。

そこで、「シャツをしまえ!」と言ってもどうしようもないので知恵を絞り、

シャツの裾に大きく名前を書く欄をつくり、保護者の方々に名前を書いてもらったところ、名前が出て恥ずかしいということで、全校生徒シャツをしまうようになったとのこと。

これらは、心を変えて、思考を変えて、行動を変える「したくなる仕掛け」。

「したくなる仕掛け」は、相手の立場や心がわかってこそ、生まれるアイデア。

相手の立場や心を考えて、「したくなる仕掛け」をたくさんつくれるようになりたいですね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*