compass-log

【compass-log】第3160号〜期待を背負った背中を押されるということ〜


人は、人に背中を押される。

その背中を押された行為に対して、応えなければならない。

背中を押した人も、なりふり構わず、人の背中を押したわけではない。

その「背中を押された」という行為に対して、どう捉えるか。

それは「期待」である。

「期待」がなければ背中を押さないし、背中を押しても転んでしまいそうだったら、背中を押すわけにもいかない。

背中を押して、もっと前に加速度をもって進むことができると思うから、期待をもって背中を押してくれる。

例えば、お金に限らず、何事の投資に対しても回収が必要である。

リターンの大きいところに投資をするのがもちろんベスト。

「背中を押す」ことは、期待して投資して大きく回収してくれると思うから、背中を押すわけである。

やはり、背中を押されたならば、それは期待の表れであると捉えて、大いに応えていきたい。

色々と期待を背負った背中を押してもらったので、加速度をもって大きく前進していく。

お客様にも、同僚にも、社会にも、「えん」する人にも、家族にも、自分にも、誰に対しても、リターンの大きいオトコになっていく。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*