compass-log

【compass-log】第3149号〜商品サービスの可能性〜


ビジネスにおいて、各社、さまざまな商品サービスを取り扱っていますね。

世のため、人のために、新しい商品サービスを開発しては、試行錯誤しながら提供しているものです。

我々は、商品サービスを通して、なんらかの問題を解決したり、便利にしたり、豊かにしたりしています。

直接面と向かわなくても、手紙という方法ができ、電話という方法ができ、メールという方法ができたことにより、すぐに情報を伝達することができます。

冷凍や冷蔵技術により、食品の鮮度を保つことができます。

乗り物だって、馬、カゴ、自転車、自動車、電車、飛行機、リニアと進化しています。

さまざまな商品サービスは常に進化して、世のため人のためになり、社会の進歩発展に貢献するものです。

では、自らの商品サービスは、世の中のどこの役に立っているのでしょうか。

商品サービスの提供はあくまでも手段あり、その提供を通して、何らかの課題解決や社会貢献、社会発展に寄与しているはず。

保険という商品を通して「安心」を

コーヒーという商品を通して「安らぎ」を

電話という商品を通して「コミュニケーション」や「愛」すら提供しているかもしれません。

商品サービスを通して、真に何を提供しているのか。

考えれば考えるほど、可能性は拡がっていきますね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*