compass-log

【compass-log】第3123号〜第二領域をとりにいき刃を研ぐ〜


有名な「7つの習慣」の「刃を研ぐ」の話。

(「7つの習慣」より、ここから引用)
森の中で木を倒そうと、一生懸命ノコギリをひいているきこりに出会ったとしよう。


「何をしているんですか」とあなたは訊く。


すると「見れば分かるだろう」と、無愛想な返事が返ってくる。

「この木を倒そうとしているんだ」


「すごく疲れているようですが...。いつからやっているんですか」あなたは大声で尋ねる。


「かれこれもう五時間だ。くたくださ。大変な作業だよ」


「それじゃ、少し休んで、ついでにそのノコギリの刃を研いだらどうですか。そうすれば仕事がもっと早く片付くと思いますけど」あなたはアドバイスをする。


「刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけで精一杯だ」と強く言い返す。

(ここまで)

よくやってしまいがち。

刃を研ぐことを忘れ、ひたすら切り続けてしまっている。

時に手を止め、刃を研ぐことが必要。

「刃を研ぐ」とは、

腕を磨いたり、勉強したり、人と会ったり、未来を考えたり、目標を掲げたり、リフレッシュしたり。

「刃を研ぐこと」は、同書にある、いわゆる第二領域(緊急でないが重要)であり、

第二領域は自ら率先してとりにいかなければ、とれない領域である。

今年はもっともっと、「刃を研ぐ」と「第二領域」を意識して自ら率先してとりにいく。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*