compass-log

2020年 1月 の投稿一覧

【compass-log】第3149号〜商品サービスの可能性〜


ビジネスにおいて、各社、さまざまな商品サービスを取り扱っていますね。

世のため、人のために、新しい商品サービスを開発しては、試行錯誤しながら提供しているものです。

我々は、商品サービスを通して、なんらかの問題を解決したり、便利にしたり、豊かにしたりしています。

直接面と向かわなくても、手紙という方法ができ、電話という方法ができ、メールという方法ができたことにより、すぐに情報を伝達することができます。

冷凍や冷蔵技術により、食品の鮮度を保つことができます。

乗り物だって、馬、カゴ、自転車、自動車、電車、飛行機、リニアと進化しています。

さまざまな商品サービスは常に進化して、世のため人のためになり、社会の進歩発展に貢献するものです。

では、自らの商品サービスは、世の中のどこの役に立っているのでしょうか。

商品サービスの提供はあくまでも手段あり、その提供を通して、何らかの課題解決や社会貢献、社会発展に寄与しているはず。

保険という商品を通して「安心」を

コーヒーという商品を通して「安らぎ」を

電話という商品を通して「コミュニケーション」や「愛」すら提供しているかもしれません。

商品サービスを通して、真に何を提供しているのか。

考えれば考えるほど、可能性は拡がっていきますね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3148号〜人生に最も大切なのはやっぱりこれ〜


人生に大切なのはやっぱり目標、理念、情熱、熱意、ビジョン、being

今の時代、「熱苦しい」のか「そんなムキになっても」というような風潮がある、なんて言われているけれども、

いつの時代も、高い目標や、熱い想い、崇高な理念をもつような自燃性の人はたくさんいるし、

いつの時代も、冷えた目で見ている不燃性の人もごく一部いるもの。

「あそこへ行こう」と必死になっても辿りつくのが困難なこの世の中なのに、「あそこへ行こう」と思わずして、行きたいところへ行けるはずがない。

目標、理念、情熱、熱意、ビジョン、beingは、「あそこへ行こう」の「あそこ」である。

それらをもたずに、「隣の芝生が青い」と言う人がいるが、「隣の芝生が青い」と言っている暇があったら、「目標やビジョンをもって、自らの芝生を青く育てろ」と常に思っている。

ぶら下がり気質な人はぶら下がる一方だし、

自ら立つ人はどんどん足腰強くなっていく。

いつの時代だって、人生は一度きりである。

ゲームのようにリセットして繰り返しはできない。

高い目標や理念、ビジョンをもって、一度きりの人生を大いに楽しんでいこう。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3147号〜時間を見ながら動くこと〜


目標ややりたいことなどは、すべて書き出している。

短期的なこと、中期的なこと、長期的なこと。

毎日、繰り返し繰り返し見返していると、顕在的にも潜在的にも、それらに向かうようになっていく。

カラーバス効果と言われるように、人は意識したものを探したり、見たりするようになる。

意識的だけでなく、無意識的にもそこに向かうし、意識や無意識に入ったものは、遅かれ早かれ近づいていく。

目標ややりたいことを書き出すことは、Compassをもつようなもの。

大まかな方向だけでもわかっていれば、そちらに向かっていくことができるが、方向も定まっていなければ、どこに何があるかもわからないし、歩き出すこともできない。

方向さえわかれば、とりあえずでも歩き出せる。むしろ、方向さえわかったら、すぐさま歩き出すことが大切。

歩けば、また色々なものを見つけたり、方向が絞れたり、逆に行先が広がることもある。

今年も、もう一月が終わろうとしている。さっさと動き出さないと、また一年があっという間に終わる。

スピード感をもって時間を見ながら動くこと。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3146号〜事前情報をとる〜


関東地方雪予報が出ていたので、それぞれが備えることができたと思います。

天気予報って助かりますね。

雪でも、雨でも、台風でも、猛暑でも、何にしても天気予報があるから、事前にある程度のことがわかり、それに対して備えることができます。

朝晴れていても、夕方から雨と言われれば、傘を持って出ることもできるし、

今日は猛暑になるとわかっていれば、水筒をもって出かけることもできます。

天気に限らず、事前に備えることと、事前に事が起こることを知るということに限ります。

事前に事が起こると知っていれば、備えることができますし、事が起こるだけでなく、事が起こる「かもしれない」くらいのレベルでも、危機管理の意識によっては十分な情報。

私(桑原)も災害に備えて、あれやらこれやらを準備していますし、ローリングストックで食品を回転させています。

昔は、「ツバメが低く飛んだら雨」とか、「富士山に笠雲が出たら雨」とかで、天気をよんでいたけれども、天気予報という事前情報の進化によって、我々は生活や命を守ることもできていると思います。

天気予報に限らず、事前情報を如何にとるかは、生活や命、はたまたビジネスでも同様に大切ですね。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3145号〜お客様のお声を集めること〜


お客様からのお声ってつくづく大切だなと思う。

私もいち消費者なので、お客様として、ときどき感想やアンケートを求められることがある。誰もがあるだろう。

よく、

「アンケートを書いて戴いた方の中から抽選でプレゼント」

など、プレゼント目的でアンケートに回答することはないけれども、その企業や商品サービスに思うことがあれば、ときどき書かせてもらうこともある。

今回、我々のお客様にアンケートをとった。

年末にちょっとした企画を行ない、その方々へアンケート用紙も一緒に同封した。

回収率も高いうえに、よい意見が多数あり、自由記入欄にもたくさん書いて戴いた。

思っていたよりも好反応と高評価だった。

やってみなければわからないし、

生のお声をたくさん戴くことができた。

真摯に受け止めて、これからの商品サービスの向上や、社会への貢献や発展に努めていきたい。

お客様のお声をどれだけ集められるかは、その企業や商品サービスへの期待や信頼のあらわれでもある。

普段可視化できない、期待や信頼を時にこうして可視化することで、更に成長発展していく。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。