compass-log

【compass-log】第3117号〜人からのフィードバックで、忘れていた夜空の星の光にふと気づく〜


人の家の埃や汚れ、臭いは気になるのに、自分の家の埃や汚れ、臭いは気にならない、というか気づかないことってありますよね。

慣れ親しんだり、いつもいたり、あったりすると、当たり前すぎて見えなくなってしまうものって多い。

例えば、地元(富士吉田)には、立派な富士山があります。

ホントに素晴らしく世界に誇れる景色なのですが、高校を卒業して県外に出るまでは、あるのが当たり前すぎて、ほぼ空気の一部になり、特段、何も気に留めないものになっていました。

しかし、県外に出てから、友人知人が遊びに来てくれたときや、初対面の方に「富士吉田出身です」と言ったときも、「富士山がキレイに見えて素晴らしいところだよね」と言って戴けたり、

世界文化遺産登録からは、以前にも増して観光客が増えたりし、

こんなにも世界的に注目を浴びて、日本人として誇れるところにいたんだと気付かされたものです。

自分の強みや、はたまた自分の思考のバグは、自分にとっては当たり前過ぎて、本当に気づかないことが多い。

しかし、人と話したり、人と接したりしている中で、よくよく注意していると、当たり前だと思っていた強みだったり、見えなかった思考のバグが見えるようになってくる。

あまり夜空を見なかったり、都会の明るさに消えて夜空の星の光に、気づかないこともあるけれども、ふと地元に帰ったときに夜空の星の綺麗さに気づくこともある。

ドラッカーも「自分の強みは、自分では分からない」と言うように、

慣れ親しんだり、当たり前だと思っているものにこそ、強みもあれば、弱みやバグもある。

人の話やフィードバックは、そうしたものに気づかせてくれる。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*