compass-log

【compass-log】第3109号〜優れるな、異なれ〜


先日友人に教えてもらったアナザースカイの前田さんの放送回を鑑賞。

前田さんのアナザースカイ、ニューヨークにフォーカス。

「野心の塊」

同年代でこんな人がいるんだと、上には上がいることを改めて実感し、負けていられないと思ったと共に、そのすごさに尊敬と脱帽。

本では幼少期からの生い立ちが語られ、アナザースカイでも少し触れていたけれども、決して恵まれた環境とは言えない中で育ってきて、中には道を外す者もいるにも関わらず、道を外さずに、ぐれずに、努力し続けてこられた。

なんと言っても、本やメディアから見える前田さんは、「野心」がありながらオラオラ、ギラギラはしておらず、素直で謙虚で、努力と能力を兼ね備えた人であり、さらにイケメンときたものだ。

素晴らしい人格。

そんな彼が番組内で「優れるな、異なれ」と表現していたところは、中でとても惹かれた。

「優れて抜きに出ることは容易ではないけれども、他者と異なれば抜きに出ることができる」的なニュアンスで受け取った。

なるほど。

たしかに、優れようとするけれども、優れている人は上には上がたくさんいて、その中で抜きに出ることは容易ではない。

けれども、特異点を活かして自らが他者と異なることで、他者ではない者になることはでき、抜きに出ることはできる。

日本人は協調性があるなかで、よくも悪くも同調性がありすぎるところもある。

「皆同じ」でよいこともあれば、

「皆同じ」ではよくないこともある。

そうした意味で「優れるな、異なれ」というメッセージはとてもよい言葉であり、すぐにメモした笑

「優れるな、異なれ」。

またひとつ、良質な意思決定基準が追加された。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*