compass-log

【compass-log】第3108号〜50%や30%くらいでも合格にする心のゆとり〜


なかなか人に物事を伝えることは容易ではない。

人によって色々なフィルターがあるので、そのフィルターを介せば、そのまま通るものもあれば、引っ掛かり通らないものもある。

もちろん、人の価値観や考え方、見方、立場、責任、個性、多様性があるためで、それらの違いに対しては大いに肯定的である。

問題は常に100%伝えた通りになることを求めてしまうところにギャップが生じる。

100%伝えた通りになることもあるだろうけれども、それは「運がよかった」「聴いた方がよく捉えて下さった」くらいに捉えた方がよい。

伝えたことの50%やむしろ30%くらいの実行力でも、十分合格点くらいに思った方が、心にゆとりもでき、ギスギスしなくて済む。

100%を求めるから、ひとつでもできないとそこに互いのストレスが生じる。

50%やむしろ30%くらいでも、十分だと初めから思っていれば、過度なストレスを生まずに済む。

50%や30%くらい伝えた、

残り50パーセントや70%は、

繰り返し、

くりかえし、

クリカエシ、

KURIKAESHI

伝えることで、歩留まりを上げていければよい。

一回聴いたくらいで覚えて100%実行できていれば、人類皆大成功している。

私(桑原)も、伝える側でも聴く側でもそんなもんだ。それでも、伝える側でも聴く側でも歩留まりを上げていこうと努力はする。

最初の歩留まりが高い人や組織ほど、成果が早く上がったり、変化や進化が早く進むと思う。

できれば歩留まりを上げたいけれども、まずは50%や30%くらいでも合格点と心にゆとりをもっていこう。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*