compass-log

【compass-log】第3081号〜動機不善で私心ばかりだったが、未来にタイムスリップする術を身につけた〜


22歳社会人一年目の時に、「28歳のリアル」という本を読んだ鮮明な記憶がある。

その本を手に取り、鮮明に記憶に残っている理由は、「当時付き合った人が26歳だったから、少しでも背伸びしたくて笑」というまったくもって、不善で私心ばかりなものからでした汗

その恋愛の結末はご想像にお任せします笑

そんな不善で私心ばかりな動機?から読んだ「28歳のリアル」という本の内容は、実はぼちぼちすっ飛びましたが、その本自体はよい影響を与えてくれました。

22歳が28歳という未来を見に行ったことにより、実際に背伸びして、タイムスリップしたような感覚を覚えたのです。

この感覚がとても心地よく、それからというもの、自分の今の年代よりも少し背伸びをして、先人のさまざまな本やセミナー、講演などを拝読・拝聴したり、年上の方々と仲よくさせて戴いたりすることで、未来へタイムスリップし、

そこで見た未来に対して、種を撒いたり、対応したり、起こりうるであろうことに備えたりするようになったのです。

22歳が22歳の「今」だけを考えるのではなく、28歳や38歳、はたまた58歳や68歳、88歳や98歳になる未来へタイムスリップできるようになりました。

タイムスリップした未来は、技術や社会の進歩により、確実なものばかりではないけれども、それでも人間が生きる上でほぼ誰もが通りそうな事実(家族、友人、仕事、社会、健康、資産、信頼など)を、しっかり見据えて生きていくと、対応の仕方や、その後の人生も変わるものであるということがわかりました。

本を読んだ動機は、不善であり私心ばかりでしたが、そのお陰で、タイムスリップという術と、26歳の年上の方との良縁を戴けたと感謝し、今でも本棚の一箇所を占拠しています笑

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*