compass-log

【compass-log】第3074号〜イノチの使い方〜


「時間の使い方」は「生き方」や「人生」とイコールである。

「何をして」「何をしないか」を決めることが重要である、ということを昨日書いた。

時間は、意識しなければあっという間に流れ去るものであり、適当に過ごしても、それなりの「実感」だけは残ってしまうものである。

例えば、目標や意志あっても、特にそれらがなくても、一日は24時間であり、目標や意志をもって過ごす一日と、そうでない一日もまた同じ同じ一日である。

問題なのは、人に言われたことをただこなしたり、何も考えずに生きていたりしても、その人にとっては「自分はがんばっている」とか「オレはやっている」という、少なからずの「実感」だけはあることだ。

朝起きて電車に乗り、ゲームやSNSをしながら通勤し、朝礼に出て、会議に出て、報告書を書き、商談や雑務をして、気づいたら終業時間。コンビニに寄って帰宅をして、家でテレビやSNSを見たり、ゲームをしたりして、夜遅くに就寝して、また朝起きて電車に乗っていく。

こんな生活でも、それなりの「生きている実感」だけは出てしまう。

けれども、先が明るくなるようなことは決してない。

意味のあることをしても、意味のないことをしても同じ一日であり、大切な人生は過ぎていく。

トマトの種を撒くからトマトを収穫できるのであり、マリーゴールドの種を撒くからマリーゴールドの花が咲くのである。

何も撒かずに何かを得ようと思っても、何も得られるはずがない。

意味のある時間の過ごし方も、

意味のない時間の過ごし方も、

どちらにつけ、過ごした「実感」だけは残る。

であれば、

どうせなら意味のある時間を過ごし、意味のある時間にしていきたいものである。

「時間の使い方」こそが、「生き方」や「人生」を決めていく。

時間の累積がイノチである。

時間の使い方、イノチの使い方。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*