compass-log

【compass-log】第3063号〜「幸福」や「幸せ」という雲のようなものの掴み方〜


ニンゲン誰しも、不幸になりたいと思う人はいないはずであり、誰しも幸福になりたいと願うものである。

よく思うのは、

「幸福を実現したい」

「幸せになりたい」

と言うけれども、

そもそも、「幸福」だったり「幸せ」の定義って何なのか。

これは、もちろん人によって違うものであり、それぞれたくさんの考え方や価値観があってよいものである。

毎日、ミシュランの星を取ったレストランのランチを食べたり、

フランス料理のフルコースを食べたり、

海外の高級ホテルに泊まったり、

高級なシャンパンやワインを飲んだり、

ハイブランドの洋服やカバンを持ち歩いたりすることを、

幸福や幸せと思う人もいる。

または、一杯のかけうどんを食べたり、

家族と近所の公園で遊んだり、

自分の家でゆっくり寝られたり、

温かいお風呂に入ったり、

気のおける人と話をしたりすることを、

幸福や幸せと思う人もいる。

どれも正しく、どれも幸福や幸せのカタチである。

あとは、自分が何を「幸福」や「幸せ」として定義するか。

お金のかかる幸せもあれば、

お金のかからない幸せもある。

ひとりで味わう幸せもあるれば、

みんなで味わう幸せもある。

ハードルの高い幸せもあれば、

ハードルの低い幸せもある。

たくさんの「幸福」や「幸せ」がある中で、自分の定義は何なのかということは、はっきりとさせておく必要がある。

定義がなければ、いつまでも雲をつかむようなものであり、ぼんやりとしてしまうものである。

「幸福」や「幸せ」の明確な定義をもった者から、「幸福」や「幸せ」を掴むことができる。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*