compass-log

【compass-log】第3051号〜「縁」に気づくこと、出逢うこと、活かすこと〜


外に出ると、

色々なモノやコトやヒトやトキに出逢う。

犬も歩けば棒に当たるけれども、

人も歩けば何かに出逢うもの。

昨日もたくさんの出逢いがあった。

それは、

モノからでもあり、

コトからでもあり、

ヒトからでもあり、

トキからでもある。

様々なものが、カタチを変えて、

目の前にヒントとして出現する。

徳川将軍の兵法指南役、柳生家の家訓

「小才は縁に逢って縁に気づかず、中才は縁に逢って縁を活かさず、大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす」

「縁」とは、

何もヒトとの「縁」だけでなく、

モノとの「縁」

コトとの「縁」

トキとの「縁」

もある。

それらは、

見ようとすれば見えるし、

活かそうと思えば何でも活かせる。

「出逢い」とは文字通り「出るから逢える」ものであり、

「縁」もまた、自ら寄っていくとたくさんの「縁」にも出逢うことができる。

感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*