compass-log

【compass-log】第3000号〜書くことは「今日を生きた証」であり、「未来を生きる証」である〜


毎日生きていれば色々なことが起きる。

まさに「人生色々」である。

色々なことが起きるたびに、

色々な感情も生まれる。

嬉しいこと、

悲しいこと、

楽しいこと、

感動すること、

もちろんたまには、

腹の立ちそうなこと、

傷つくこと、

反省すること、

涙すること、

(だってにんげんだもの)

はたまた、

気づくこと、

閃くこと、

夢をもつこと、

希望を抱くこと

など。

そんな一つひとつの色々な感情を、

大切に拾ってあげること。

それらを大切にすることは、

一度しかない自らの人生を大切に生きることだと思うし、

一日一日や、一瞬一瞬を大切に生きることだと思う。

人生は、

一日一日や、一瞬一瞬の積み重ね。

一日一日や、一瞬一瞬を生きている。

一日や一瞬に起こる色々な「感情」というものは、実に曖昧であり、不明確で、しっかり拾わないと、あっという間に流され消え去っていく。

そんな「感情」を都度都度拾い、

「文字」という確実なものに記録に残すこと。

その文字は生きた証になり、

過去から現在を紡いで、未来をつくる。

書くことは今日を生きた証であり、

書くことは未来を生きる証である。

お陰様であの日から3000日。

でも、まだまだこれから。

ひとまず、大台の10年(3650日)まであと650日。

10年、偉大なり。

20年、恐るべし。

30年、歴史になる。

50年、神の如し。

これからも、

「その他大勢」ではない「何者」かをめざして。

いつもありがとうございます。

感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*