compass-log

【compass-log】第2954号〜心配性やビビリは備えへの原動力〜


ニンゲン、生きていれば誰だってよいときもあれば、そうでないときもある。

だって、にんげんだもの。

大切なことは、

よいときには、

パワーを溜め込んだり、さらに発揮したり、そうでないときのための備えをすること。

また、

そうでないときにも、

よいときに溜めたり発揮したりしたパワーをもって高度を保ち、備えておいたものたちで、一時を凌ぐ。

万が一の事態になってから新たにリカバリーを探していては、事を損じることもある。

例えば、

災害が起きてから、食料や備品を用意することは容易ではない。

起きていないときから、しっかり悲観的に想定して備えること。

状態がよいときにこそ、そうでないときを悲観的に考えておくことが大切。

ある意味、心配性やビビリ、恐怖感というものは、備えへの原動力になる。

感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*