compass-log

2019年 7月 の投稿一覧

【compass-log】第2964号〜期待ハズレを起こす〜


人や組織は、誰しもどこでも、

必ず「期待」をもつ。

どんな人でも組織であれ、

存在している限り、少なからず、

「こうしてほしい」

「こうあってほしい」

「もっとこうであればよい」

なんてことは思い、思われるはず。

その「期待」に対しての反応として、

期待通りの成果なのか、

下振れの期待ハズレか、

上振れの期待ハズレか、

どれを表すかによって、

その時の評価はもちろん変わってくる。

また、一度きりでなく、

何度も継続して、

期待通りの成果なのか、

下振れの期待ハズレか、

上振れの期待ハズレか、

どれを表すかによって、

トータルしてその人や組織の評価とされる。

下振れの期待ハズレを狙って仕事をする人はいないと思うけれども、

期待通りも、上振れも狙わないで、相手を見ずに仕事をする人は多い。

あくまでも、自分のペースを保ちがち。

「期待を凌駕する」

という言葉が好きなこともあり、

やるからには、

上振れの期待ハズレを起こして、期待を凌駕していきたいもの。

そのためには、

「期待」はどこか、

をしっかり把握することが必要。

それは、顕在的にも、潜在的にも。

感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2963号〜味は錯覚〜


某有名ホテルの料理長が、

「味は錯覚」という言葉を残している。

「食べる環境や演出、

または一緒にいる人たちによって、

味は変化するもの」

とのこと。

たしかに例えば(例えが安っぽいが)、

ただの缶ビールでも、

夜に家でひとりで飲むよりも、

昼から外で友人や家族と飲むビールは、何か格別なものがある。

または、

夏祭りのテキ屋の焼きそばは、冷静に見ると肉は大して入ってないし、麺もそこそこ、

でも、なぜか美味しい。

きっと高級ホテルや高級レストランの味も、美味しいところに、さらにその環境や場やステータスを感じて、より一層美味しさを増すのだと思う。

例えを変えれば、

ゲレンデマジックや浴衣マジック、海外マジックなどのように、特別な環境や特別な場所で出会うと、特別な想いをすることもある。

人は、確かに錯覚を起こしやすい。

環境や演出、場やステータスなどは、

時に評価価値を増すことができる。

感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2962号〜純粋な気持ちで初体験を楽しむ〜


昨日の、案外「こんなコトかくらいでサクッと終わる」の続き。

ニンゲン、先入観ってよくも悪くも作用する。

先日、人生で初めてバリウム飲んで検査をした。

「バリウムは美味しくない」

「バリウムは気持ち悪い」

「グルングルン回される」

と聞いていたので、

先入観であまり好印象はなかった。

いざ、

「初めてのバリウム」を経験したところ、

案外、美味しくはないが、

言うほどまずくはないし、

グルングルン回されるのは、

ジョイポリスにある(あった?)アトラクションだと思えば楽しいものだった。

こうして初体験を終えたが、

他にも先入観といえば、

「親知らずの治療は痛い」

と聞いていたが、

施術してくれた先生の腕がよかったのか、

全然痛くなかったし、

それまでずっと、靴の中の小石的に気にかかっていた親知らずだったので、

「こんなにサクッと終わるなら、さっさとやっておけばよかった」

とも思った。

ニンゲン、

先入観には左右されがちだけれども、

初体験には純粋な気持ちで臨むことができると、初体験を楽しむことができると思ったところ。

感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2961号〜案外「こんなコトか」くらいでサクッと終わることが多い〜


何かコトを成すまでに、

スタートまでの時間と
スタートしてからの時間がかかる。

案外多くのことが、

スタートしてからの時間よりも、
スタートするまでの時間の方がかかることもある。

例えば、
片付けをする必要があるのになかなか腰が上がらない。

けれども、
やらねばならない感だけはずっとある。

何かの拍子で、
どっこらしょと腰を上げてみると、

そこからは案外コトが進む、
なんてこともある。

やりだすまでは時間がかかっても、

どうせやるなら、無駄に認知を取られるよりも、すぐに手をかけやった方がよい。

やってみたら、案外「こんなコトか」くらいでサクッと終わるようなことが、結構たくさんある。

●感想、 フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2960号〜「『土曜』の丑の日」という認識のズレ〜


土曜日の、土用の丑の日。

幼少期には、

「土用の丑の日」ではなく、

「土曜の丑の日」だと思っていた。

毎年、「土用の丑の日」は変わるので、

「今年は『土曜』じゃなくて、なんで金曜なん!?」と思ったりしていた。

今年はたまたま、

土曜日の、土用の丑の日。

いつからか、その認識がズレていたことに気づき、「土用の丑の日」を認識した。

ニンゲン、それぞれ認識のズレや思考のバグ、勘違いなどは誰にでもあるもの。

大切なことは、

それらに気づくことと、修正すること。

気づかない限り修正されないけれども、

修正しないと、

恥ずかしい思いをしたり、結果が出なかったりする。

常に、認識のズレや思考のバグ、勘違いを正していくことが大切。

感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、

メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^