compass-log

【compass-log】第2834号〜働きたくても働けない若者はどこへいくのか〜


世の中、働き方改革や生産性向上やらの言葉が毎日飛び交っている。

どの企業においても、一日一回どころか何回もそんな言葉が飛び交っているはず。

人口減少、少子高齢化で生産力が下がりがちなので、どうにか知恵を絞って生産力を上げていくことが大切なことはよくわかる。

または、過労死などの問題により働き方を変えて「ゆとり」も必要なのかもしれない。

案の定、最近の就活生からは、
「給料よりも自分の時間」
という声が多く聴こえる。

「いや、時間よりも給料」
「そんなことではなく志し!」
「バリバリ働き社会貢献、自己実現」

など、という声も聴こえてきそう。

それぞれの価値観や考え方なので、それはそれで、どれもよいと思う。

ただ、働き方改革やら残業削減やらで、働きたくても働けない、もっと色々やりたいのにできない環境になりつつある。

学生時代の仕事や前職、または今でも、休みだろうが、深夜だろうが、やりたくてやっている。

ヒトリブラックみたいだけれども、楽しかったのでブラックなんて思ったことはなく、天職、天国だと思っている。

そんな環境が失われつつある世の中。
働きたくても働けない若者はどこへいくのか。

そんな話が先日とある場所で話題になった。
なかなか難易度が高いところ。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*