compass-log

【compass-log】第2675号〜攻めと守りとルール〜


スポーツでも、仕事でも、投資でも、攻めと守りがあるもの。

企業においては、
売上や利益が攻めならば、
コンプライアンスとリスク管理は守り。

「攻撃は最大の防御」とも言うけれども、
孫子曰く、「守らば即ち余り有りて、攻めれば即ち足らず」とも説く。

守りがしっかりしてこそ、攻撃も有効になるもの。

また「備えよ常に」「転ばぬ先の杖」とあるように、「備え」や「杖」があり、足腰がしっかりして転ばない体制になっているからこそ、攻撃としてのパンチを打つにも、腰の入ったパンチを打つことができる。

皆、どちらかと言えば、攻めには積極的でも、守りが疎かな方が多い。

個人としても、組織としても、攻めのタイプと守りのタイプなどあるけれども、攻めも守りもバランスが大切。

これは世の中のルールであり、スポーツも仕事も人生もルールがあって、そのルールを守って攻めたり守ったりすることで、勝負に勝つことができる。

攻めと守りとルールをもって戦うことは、この世で戦い勝つ上での必須条件。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*