compass-log

【compass-log】第2670号〜常に世の中のためになっているという認識をもつこと、もたせること〜


以前、ジョージアのCMで、
「世界は誰かの仕事でできている」
とあった。

今でもCMで流れているのかもしれないけれども、そのコピーはとてもいいな、と思ったのを思い出して話していた。

一見、日の目を浴びなかったり、地味だったり、目立たなかったりするような仕事でも、

本来そのような仕事はひとつもなく、すべて誰かの仕事のおかげで、この世の中ができている。

華やかな仕事がフォーカスされることが多いけれども、日常に埋もれる仕事や3Kといわれるような仕事こそ、世の中の役に立っているということを伝え、伝わらなければならない。

ブルーやホワイトと言われるけれども、皆それぞれ、汗水垂らし、泥まみれになりながらも、世の中をつくっている。

三人のレンガ積みの話で

レンガを積むのか、
壁を建てるのか、
歴史的な大聖堂をつくるのか、

とあるように、

目的やビジョン、意味や意義をしっかりもって、常に世の中のためになっているという認識をもつこと、もたせることはとても大切なこと。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*