compass-log

【compass-log】第2600号〜見えないけれど見えるもの〜


火星の接近で、夏の天体観測が盛り。
星もよく見えるところで、もの思いにふけられた。

火星も星もいつもあるけれども、こういう特別なときにはフォーカスされる。

話題になると空を見上げるけれども、何でもないと気づかない。

また、

昼間は見えないけれども夜になると見える。

本来は、いつでもそこにあるもの。

火星や星に限らず、

何事においても特別なときにフォーカスされるけれども、そういうときこそ、日常を振り返り、日常を想うことが大切。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*