compass-log

【compass-log】第2584号〜ヒバリの引越しから学ぶ、「自分ひとりでもやる」という意志〜


「ヒバリの引越し」という寓話。

麦畑に住むヒバリの親子が、村人の会話を聞いていた。

「みんなで麦を刈らなきゃいかんな」
子供は「早く逃げよう」と言うけれども、親は「まだ大丈夫」と言いそのまま住み続けた。

「ぼちぼち、誰かと麦を刈らなきゃいかんな」
子供は「早く逃げよう」と言うけれども、親は「まだ大丈夫」と言いそのまま住み続けた。

「よし、オレが麦を狩るか」
子供は「早く逃げよう」と言い、親は「よし逃げましょう」と言い引っ越した。

これは、
誰かがやったらやる、
誰かとだったらやる、
自分ひとりでもやる、
という意志の違いによるもの。

自分ひとりでもやるという意志が出てきたとき、世の中は動くもの。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*