compass-log

【compass-log】第2552号〜捉え方の多様性〜


6人の盲目と象の話。

ある人は壁のようだと言い、
ある人は丸太のようだと言い、
ある人はロープのようだと言い、
ある人は槍のようだと言い、
ある人は蛇のようだと言い、
ある人はうちわのようだと言った。

胴、足、尻尾、牙、鼻、耳を触り、
象を説明した。

これは、
それぞれは事実であるけれども、
それぞれ単体だけでは、すべての真実ではない。

立場、立ち位置、考え方、見え方によっては、捉え方が変わる。

それぞれの事実も大切だけれども、部分だけでは全体は見えない。

様々な捉え方があってよい。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*