compass-log

【compass-log】第2514号〜ピンチな時こそ、圧倒的な行動の数が必要〜


人間も組織も、好調の時よりも、ピンチの時にこそ真の実力が試されるもの。

好調の時にどう考え、どう対応するかも大切だけれども、

ピンチの時にどう考え、どう対応するかの方が対応。

好調な時には、次々にアイデアや行動が生まれるため、成果も出続ける。さらにそういう時には、多くの人や組織も寄ってきてくれる。

好調な時には、好調を維持向上し続けると共に、ピンチにならないように、またはピンチになったときのために備えることが大切。

逆にピンチの時には、一般的には気持ちが落ち、アイデアが出ず、行動力が落ち、なおのこと成果が出ない。さらには、人や組織も寄って来なくなることも。

そんな時こそ、遠くや近くの未来に明るい夢や目標を置き、圧倒的な行動が必要。

グズグズしている暇があったら、その分それまでよりも圧倒的に行動する。

宝くじは買わなければ当たらないし、
ヒットもホームランもバッターボックスに立たなければ打てない。

質も大切だけれども、タイミングによっては数が必要。

特にピンチな時ほと、圧倒的な行動の数。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


コメントを残す

*