compass-log

2018年 4月 の投稿一覧

【compass-log】第2507号〜まずは何より想像、妄想、イメージ〜


「想像」は、生きる上で大切なことのひとつ。

想像、妄想、イメージできないものは、実現されることはない。

では、想像、妄想、イメージできれば必ず実現できるか、

というと、それはその人の行動次第というところもあるけれども、

まずは何より、想像、妄想、イメージできなければ、なりたい姿、ありたい姿が明確にならないため、具体的行動も伴わない。

「プロスポーツ選手になる」とイメージできれば、その方法を考えたり行動したりする

「結婚」をイメージできれば、出逢いを求めたり婚活をしたりする。

「建てたい家」をイメージできれば、それを設計図に落としてもらい、建ててもらう。

想像、妄想、イメージできれば、あとはどうやって、その想像、妄想、イメージを実現するかを考えればよい。

想像、妄想、イメージがなければ何も始まらないし、どこにも行けない。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2506号〜ワイシャツの裾〜


先日、ある学校の仕組みが話題になっていた。

その学校では、生徒がワイシャツの裾を出してしまうことに対して、

「出すな」「出してはいけない」「しまいましょう」と指導していたけれども、止まらなかった。

そこで、
ワイシャツの裾に「名前」を書く枠が設けられた。

ワイシャツの裾を出すと、名前が見えてしまう仕組みになっている。

何ともよいアイデア。

注意、指導、教育も大切だけれども、
仕組みで解決できることもある。

とてもよい事例で参考にすべき。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2505号〜人との出逢いは、基準を高める〜


昨日は人と出逢うことについて書いた。
その続き。

人と逢うと、もちろん話をする。

その話の中で、無意識のうちに行なっていることは、

「相手と自分との比較」

相手の話を聴きながら、

自分の
仕事だったり、
生活だったり、
趣味であったり、
思考であったり、
価値観であったり、
生き方であったり、

あらゆるものを無意識で
自分と相手を比較している。

無意識に比較しているのは、「当たり前の基準」

自分の当たり前の基準と、
相手の当たり前の基準の違いを無意識に比較して、そのギャップによくも悪くも刺激を受ける。

「当たり前の基準」は、
他者と逢ってぶつけ合うことで、基準は高まる。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2504号〜世界を拡げる〜


ここ最近、色々な人と逢う機会が多い。

多種多様、さまざまな属性の人と逢い、話をするので、アタマの中の世界が拡がっていくことがわかる。

ひとりで部屋に閉じこもっていたり、
いつもと同じ場所、同じ道、同じ人だけと話をしていたりると、

どうしても同じ環境でしかなく、なかなかアタマの中の世界が凝り固まり、拡がりづらい。

人と逢って、様々な話をして、行動や行為、目標や夢、理念や思想、考え方や生き方を聴くと、またより一層世界が拡がる。

文字通り、「出逢い」とは、
外に「出る」から「逢える」わけで、

逢えるのは、
人だけでなく、

環境や、
行動や、
方針や、
理念や、
考え方や、
生き方。

それらの出逢いは、自分の中の、凝り固まった当たり前の世界を崩し、拡げてくれる。

たくさんの出逢いによって、人の世界や世界観は拡がる。

よき出逢いを。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^


【compass-log】第2503号〜箱をつくる〜


新たな試みで、この箱を始めたのは、色々な要因があるけれども、

何はともあれ多くの方々のおかげ。

箱をつくろうと思ったのも、
「箱をつくった方がよい」とアドバイスを戴いたから。

箱をつくれたのも、
箱をつくってくれた人がいたから。

期限を区切って100日カウントダウンをし、100日後に目標を達成できたのも、
衆人環視下に目標と自分を置いたから。

ひとりでは、箱はできなかったので、
たくさんの方々のご支援、ご協力など、「おかげ」を実感するし、

その「おかげ」の恩にお返しながら、

さらには、その恩を、
この箱を使って多方面へ送っていきたいと改めて思ったところ。

そんな箱をつくっていければよい。

●感想、フィードバック、コメント、話したいこと、聞きたいこと、叱咤、激励、批判、応援、クレームなどを戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、
メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします^_^