compass-log

【compass-log】第4128号〜あまりに寒くて吉田うどんを食べずにはいられなくなるという本能〜


急に寒くなりましたね。

昨日、昼に都内から山梨戻ったら雪でも降るんじゃないかというほどの寒さ。

見えないけれども、きっと富士山は雪化粧されているんだろうな。

あまりの寒さに迷わずお昼は吉田うどん。カラダが欲していました。

行こうと思った店が臨時休業だったので別の店に行き、肉天うどんでほっこり温まりましたw

季節や気温は商品を販売する上でとても重要な要素ですね。

こんなに寒いと、うどんやおでんや鍋が食べたくなるものです。

逆に、こんなに寒いのにかき氷や冷やし中華、そーめんは食べたくないですね。

また秋になり、秋の味覚もたくさん出てきています。

最近はサンマが細い上に高くあまり購買意欲を掻き立てられませんが、それでも秋と言えばサンマや栗を食べたくなるもの。

食品だけでなく、着るものも半袖から長袖になり、エアコンも冷房から暖房になり過ごし方も変わるもので、気温や季節によって、我々人間は変化に対応しています。

そう考えると、やっぱり気温や季節など、人間の本能や心理に則した商品や商売をしていくことは全うですね。

自然とせずにはいられなくなること。

北風と太陽の寓話のように、無理やり服を脱がせるのではなく、脱がずにはいられなくなるようにすること。

考え方の違いだけで、アプローチはまったく異なりますし、結果も変わりますね。

「せずにはいられなくなるには」は魔法の言葉であり、とても質の高い問いの立て方。

商売だけでなく、採用や営業、恋愛や家庭においても役に立ちます。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4127号〜人との対話で岩盤壊して新世界、新時代に〜


以前から思っていましたが、

一人でペンと紙を持って机に向いいくら自問自答しても、出てこないものは出てこないし、降りてこないものは降りてこないのです。

日記ももちろんよいですし、これかも死ぬまで続けていきますが、日記は自己との対話が多い(ワタシの場合)

いくら日記を毎日書いていても、人と会わず、人と会話せず、人と交わらなければ、自らの殻は破れないし、自分に気付かない。

しかし、然るべき人との対話は自らの思考の幅を拡げるし、深さや高さも奥行きも、味も色も匂い?も増してくれますね。

だから楽しいんだと思います。

人と対話していると、自分では思ってもみなかったことが時々口から出ることもありますよね。

経験されたことある方も多いのではないでしょうか。

100人組手ではたくさんありました。

また、人前で話をする時に、卿が乗ってくると同じようなことも起きるものです。

これも経験されたことある方も多いのではないでしょうか。

ほどよい緊張感と対話によってアタマの中をぐるぐる回すと、いつも自分一人では刺激されないどこかが刺激されるんですかね。

日記は同じようなところを自分で掘っているのですが、それは自分の価値観や信念との向き合いなのでよいと思います。

でも、人との対話は自分では掘らないところを掘ってもらえるから、頻繁に岩盤が崩れ落ちることがあるんですよ。

しかもカンタンに。

これがたまらんですね。

しかも人によっては何度も岩盤壊してくれる。

そういう人にはまた会いたくなりますね。

最近はそんな人が周りにたくさんいるから岩盤が壊れまくって困りますねw

お陰様で、対話によって少しずつ岩盤が崩れた先に、新世界、新時代が近づいてきている気がします。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4126号〜興奮して眠れない日々を過ごして寝不足なのです〜


昨日、偶然にも予定が重なって立て込んではいたものの、結果たくさんの方とよいブレストができました。

おかげで興奮して眠れず寝不足zzzちょっとアタマがボーっとしています。

たった数十分のブレストでも未来が明るく見えてきて、あれもやる、これもやると行動リストがたくさん生まれたのです。

寝ながらもアイデアが出てはメモをしての繰り返しで、結局寝たのか寝てないのかわからないような・・・

今日も夜まで大事な予定があり、アタマの中が休まっていないのはよくないのですが、「興奮して眠れない」とはある意味幸せなことでもあるもの。

みんなホントは何かに打ち込んで、没頭没入、熱狂したいのですが、その対象が見つからないから斜に構えて、「そういうのは流行らない」というような世の中に一部なっている気がしないでもない。

そう考えると打ち込む対象があることや、それを見つけられたこと、気づけたことは幸せなことですし、世の中のその他大勢から抜きに出るためには必須ですね。

まぁとは言え、ニンゲン誰しも、ずっと好調が続くわけでもない。

人生はあたかも天気のように、晴れの日もあれば、雨の日もある。

けれども、雨の日だからと言って何もしなければ、ずぶぬれになるだけ。

傘をさしたり、本を読んだり、次の晴れに向けて準備をすることも大切。

流れがない水が澱んでいくように、何もしないとニンゲンも澱んでしまうものです。

停滞しだしたり、好調でなくなりつつあるときは、やっぱり人に逢ってブレストして、雑談して、話をして、元気とアイデアと夢と目標と希望をもらうことですね。

まぁ元気なときにそれらをやれば、より一層エネルギーをもらってエネルギーが溢れだし、昨日のように興奮して眠れないほど益々元気になるもの。

コロナもようやく落ち着き、今月はたくさんの方と逢う予定があるので、これまた楽しみでしかない。

あの人と逢う、この人とプロジェクトをすると、またしても興奮して眠れなそうw

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4125号〜諦めたらそこで試合終了だけれども、極度の追い込みは身を亡ぼす〜


先日、山中湖一周をしたあとに汗を流そうと近くの温泉に行ったのです。

観光地で夕方ということもあり、だいぶ混んいて芋洗い状態w

だいぶ観光客戻ってきてるなぁと感じますね。

こちらは疲れてフラフラとしながら汗を流してスッキリし、富士山がきれいに見える露天風呂へ。

温泉なんて久しぶりだったのでゆっくり浸かりながら、色々と考え事をしていたものです。

ある程度、露天風呂でゆっくりしたので次はサウナへ。

こう見えて実はサウナ好き。サウナブームだからとかではなく、学生のころからサウナがあれば飛び込んでいました。

サウナと水風呂を繰り返すと、確かにお肌つるんつるんになるんですよねw

それはどうでもよいとして、いわゆる「ととのう」ってやつですかね。デトックスされている感がとてもよい。

ランで汗をかいてサウナで更に追い込むなんて、やってるね!、と自分で自分を鼓舞w

だいたいサウナ時計の12分を1セットにしています。あと1分で12分、もう少し!

と、ここで事件発生。手がしびれだして、アタマがもうろうとし出す・・・

どうもよくないと11分で退室ならぬ退サウナ。

すぐに水シャワーを浴びてスッキリするかと思いきやまだフラフラ。

あ、やっちまったな。おそらく熱中症?

ランでも炎天下で走り若干アタマ痛かったのですが、そこからのサウナはダメでしたね。

もちろんラン後に水分補給や栄養補給もしたのですが、足りなかった?

加えて、その日は朝から何も食べていなかった(普段はそんなことはしないのですが)

すぐに温泉を出て着替えるも、次の予定もあり休憩できずに温泉を出発。

車を運転していると、どんどんと気分が悪くなり、青ざめていく。

次の予定はちょっとしたものだったのでよかったのですが、だいぶ具合悪い。

結局、家に帰ってシャインマスカットを食べたら、少しずつ回復したのですが(山梨県民w)、危なかったですね。

ランで追い込んだ後のサウナはほどほどにし、しっかり食べ物と飲み物をとることが教訓になりました。

これがハーフ本番でなくてよかったし、大事に至らずによかった。

追い込むことはよいことですが、身を亡ぼすような極度の追い込みはダメ。ほどほどに。

このほどほどが難しいところですが、強すぎず弱すぎず、何事もちょうどよい塩梅を見極めていくことが大切ですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4124号〜人生もマラソンも辛くなってから本当のチカラが試される、止まらずに走り続けること〜


ハーフマラソンが控えているため、久しぶりに15kmほど走ってみました。

正直10km以上は数年ぶりだったため走れるか不安でしたが、ノリと勢いで着替えて向かうは山中湖。

天気もよく(むしろ良すぎて暑い)、絶好のランニング日和でした。

山中湖は1週およそ14km。ハーフの練習にはちょうどよい。

昨年の東京2020オリンピックで自転車競技ロードレースのコースにもなったこともあり、道もしっかりしています。

ランニング後に予定があったため、ろくに準備運動もできずに車を置いてすぐさまスタート。

富士山もよく見えて、湖の波の音を危機ながら、湖畔沿いを気持ちよく軽快に走り出しました。

久しぶりに立ち上げたナイキのランニングアプリはどうやら進化していたようで、以前は1kmのラップを伝達してくれていたのですが、なぜか1マイルのラップを伝達してくれる。

いやいや1マイルっていくつだっけ?とそればかり気になってしまい、3マイルくらい走ったところで居ても立っても居られなくなり、スマホで検索。

で、1.6kmと教えてもらい、こんなものかと再び走り出す。

途中、交流プラザきららではMt.FUJIMAKI2022が開催されていました。

また、普段車でしか通らない道で、あっという間に過ぎて見過ごしている色々な景色やお店などにも気づくことができたのです。

後半、日影がなくなりずっと炎天下に照らされて体力を失いペースダウン。。。

辛くなってきて止まりそうになるも、以前フルマラソンを完走した時の教訓、

「止まったら再び走りだせない」

「ペースを落としても走り続けろ」

「どんなに辛くても走りぬけ」

「諦めたらそこで試合終了ならぬランニング終了」

という言葉が何度も頭の中をめぐり走り続ける。

「どんなにつらくても止まらない、走り続ける」って、ホント人生そのものだなと思うところ。

辛くなってからがその人の本当のチカラが試される。

しまいにはスマホのバッテリーが切れて音楽は聴けないし、上述のラップタイムもわからなくなるw

フラフラになりながら、それでも何とか山中湖1周を走り切る。体力落ちてる・・・

スマホの電池が切れて時計がわからなかったのですが、スタートした時間はわかっていたのでタイムは1時間半は切っていました。

ハーフの目標は2時間切り。なんとかいけるのか、どうなのかw

終わってから近くの温泉へ行き、汗を流して風呂に浸かり、疲れをいやしたものでした。

続きがあるのでまた明日。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。